「リハビリテイション心理学研究」編集規定

  1. 本誌は日本リハビリテイション心理学会の機関誌であって,原則として,1年1巻として発行される。本誌の編集は,編集委員会の責任のもとに行われる。
  2. 投稿の資格は,日本リハビリテイション心理学会の会員に限る。
  3. 本誌には,未公刊の原著,事例研究,資料,展望などを掲載する。ただし,編集委員会がとくに必要とみとめた場合にはその限りではない。
    (1) 原著論文は,リハビリテイション心理学に関する理論的または実証的な研究論文で,オリジナルなものとする。
    (2) 事例研究は,個人および小集団を対象とした多角的観点からの具体的・実践的研究であり,その個人および小集団にかかわる諸条件の分析検討およびその変化過程を追跡検討したものとする。
    (3) 資料は,調査・統計資料に関するもの,歴史的に価値のある文献資料の紹介,方法論的試論,新しい実験装置,内外諸研究の追跡検討などとする。
    (4) 展望は,心理リハビリテイション、臨床心理学および特別支援教育等に関係のある課題について,内外の諸研究の成果をとり入れて総合的に概観展望したものとする。
  4. 投稿論文の採択および掲載順は,編集委員会において決定する。掲載の場合,原稿に添削を加えることがある。ただし,大きな変更を加える場合は,執筆者と相談する。
  5. 規定枚数を超過したもの,および,図表,アート,写真などの製版,印刷に特に費用を要するものは,執筆者の負担とする。当面の間、超過1ページにつき5千円とする。
  6. 投稿原稿は返還しない。
  7. 本誌に掲載されたものは無断で複製あるいは転載することを禁ずる。
  8. 本誌に掲載された論文については学会ホームページにその要約を掲載する。

「リハビリテイション心理学研究」執筆規定

  1. 論文原稿は別に定める投稿の手引きに従って作成されなければならない。投稿の手引きから大きく逸脱する論文は査読の対象にならないことがある。
  2. 原著論文および展望の長さは,図表を含めて,16000字までとし,事例研究および資料8000字までを原則とする。ワープロを使用し,A4判に32×25文字をタイプしたものを学会事務局編集委員会に郵送,及びE-mailによる電子媒体を学会事務局宛に送付すること。なお,論文原稿には,論文種別(「原著」、「事例研究」、「資料」、「展望」)を明記すること。新かなづかい,常用漢字,算用数字を用い,表・図は本文に比して大きな紙面を要するから,その大きさを本文に換算して必ず全頁数の中に算入すること。規定頁数を超えた分については執筆者の負担とする。ただし,編集委員会において特に必要と認めた場合は,この限りでない。
  3. 表や図の番号はTable 1,Fig.1のように記入し,本文と別にまとめ,本文中にその挿入箇所を明示すること,図の標題,説明は一括して別紙に掲載する。
  4. 原著論文,事例研究,資料,展望の冒頭には,本文とは別に和文(400字以内)を付し,それを読めば問題,方法,結果,結論の大要がほぼ把握できるようにすること。
  5. 欧文表題ならびに欧文200ワード程度の要約をつけること。欧文の要約は次の規定による。
    a 熟達した人の欧文であるか,その校閲を経ていること。
    b 白紙にダブルスペースでタイプすること。
    c 必ず邦訳をつけること。(3の和文抄録とは別)
  6. 外国人名・地名等の固有名詞以外はなるべく訳語をもちい,必要な場合は初出の際だけ原語を付する。文献は論文の最後にアルファベット順に一括する。文献記述の形式は,雑誌の場合,著者名,発行年,題目,雑誌名,巻数,論文所在頁とし,単行本の場合は,著者名,発行年,書名,発行所の順とする。文献の記載例は下記のとおり。

      例 Frazuer,P.(2003) Perceived control and distress following sexual assault : A longitudinal      test of a new model.,Journal of Personality and Social Psychology,84,1257-1269.

      成瀬悟策(2007) 動作のこころ,誠信書房

    1. 印刷の体裁は編集委員会に一任する。