日本リハビリテイション心理学会はリハビリテイション心理学及びこれに基づく学術の発展をはかり、文化の向上に寄与するとともに、併せて会員相互の親睦をはかることを目的とした全国的な学術団体です。
会員の論文が掲載される機関誌「リハビリテイション心理学研究」を年1巻(2号分冊)発行し、優秀な論文には「日本リハビリテイション心理学会研究奨励賞」を授与しています。
また年1回の年次大会において研究発表を行い、会員の研究活動をサポートしています。

本学会は日本学術会議協力学術研究団体に参加しています。

概 要

目 的
リハビリテイション心理学及びこれに基づく学術の発展をはかり、文化の向上に寄与するとともに、併せて会員相互の親睦をはかる。
理事長
大野 博之

(福岡女学院大学教授)

設 立
1976年(昭和51年)10月1日
創設経緯・沿革
心理リハビリテイションの会第一回大会(1974年10月)が「全国心身障害時福祉財団」において開催され、以後、年次大会を重ね、1976年には日本学術会議の登録学会として全国学協会総覧に掲載された。1983年11月の山形大会において、関連分野を含め発展するために、本会を日本リハビリテイション心理学会とすることが理事会で決定、総会で承認され現在に至る。
事務局所在地
〒812-8581 福岡市東区箱崎6-19-1
九州大学大学院人間環境学府附属総合臨床心理センター内
TEL; 092-642-3158  FAX; 092-642-3588

主な事業

年次大会の開催
毎年、秋・冬に年次大会を開催しています。年次大会は各県の持ち回りで開催されます。
これまでの大会開催リストはこちら。
機関誌の発行
「リハビリテイション心理学研究」を年1巻(2号分冊)発行しています。掲載される論文は会員から投稿されたもので編集委員会の査読を受けたものです。優秀な論文については奨励研究賞を授与しています。
資格認定
研修経験と技量に応じて、心理リハビリテイション・トレーナー資格、心理リハビリテイション・スーパーバイザー資格を認定しています。
広報活動
リハビリテイション心理学及び心理リハビリテイションの啓発のために、様々な広報活動を行っています。
国際活動
諸外国におけるリハビリテイション心理学及び心理リハビリテイションの普及と啓発のために、様々な国際活動を行っています。
その他、本会の目的を達成するために必要な事業を行っています。

刊行物

機関誌「リハビリテイション心理学研究」
riha[1].gif「リハビリテイション心理学研究」は1973年(昭和48年)に創刊され、年1巻2号発行とし、総ページ約150頁で「原著」「事例研究」「資料」「展望」「研究時評」及び「会報」があります。「会報」以外は、会員からの投稿による研究論文で、編集委員会による審査をパスしたものです。正会員には無料で頒布されます。
心理リハビリテイション・スーパーバイザー名簿
「心理リハビリテイション・スーパーバイザー名簿」は本学会の認定資格である「心理リハビリテイション・スーパーバイザー」取得者が、相互の交流を図り、研修やキャンプ運営に役立てるために編集・発行しているものです。スーパーバイザー取得者に無料で配布され、一般会員には頒布しておりません。
会員名簿
日本リハビリテイション心理学会正会員の名簿です。3年に1度更新され、正会員には無料で頒布されます。