資格認定委員及び評議委員は以下の通りです。

LinkIcon資格認定委員・評議委員一覧


日本リハビリテイション心理学会では、動作訓練を中心とする心理リハビリテイションに関する高い学術的水準の知識・技術の普及と維持および研究の進歩を図るため、以下の資格を認定しております。

■心理リハビリテイション・トレーナー資格
■心理リハビリテイション・スーパーバイザー資格

また、以上の資格を認定するために、以下の臨床研修を認定しております。

■心理リハビリテイション・認定キャンプ
■心理リハビリテイション・認定課程

資格認定に関する認定の基準等については、資格認定委員会規約および内規にて定めています。

LinkIcon心理リハビリテイション資格認定委員会規約

LinkIcon心理リハビリテイション資格認定委員会内規


LinkIconApplication Form in English is here

心理リハビリテイション・トレーナー資格

トレーナーは心理リハビリテイションの臨床的責任者として委員会の認める動作訓練およびその他の臨床活動に当たり、各トレーニーの動作の評定・訓練、計画の作成を単独、かつ直接に担当することができます。トレーナーはその資格を認定された後も、この分野の関係者集団の一段としてふさわしい専門的知識・技能の水準を維持向上させるため、常に自己研修に努めることが求められます。

資格要件


委員会の認めた認定キャンプ3回以上に相当する臨床研修を修了し、かつスーパーバイザーによって臨床的資質ありとして推薦されることを要します。
具体的には、5泊6日以上のキャンプ(認定キャンプ)を10ポイントと換算し、30ポイントを取得する必要があります。2泊3日、3泊4日、4泊5日の認定短期キャンプは、それぞれ2泊3日キャンプが3ポイント、3泊4日キャンプが7ポイント、4泊5日キャンプが8ポイントと換算されます。
また認定課程として資格認定委員会に認められた研修についても、それぞれポイントとして換算できますが、トレーナー資格を申請するに当たっては、認定キャンプもしくは認定短期キャンプ(3泊4日以上)を1回以上修了していなければなりません。
推薦スーパーバイザーは、トレーナー資格条件を満たすものについて、スーパーヴィジョンにあたったうち1名のスーパーバイザーである必要があります。
なお、トレーナー資格申請者は、日本リハビリテイション心理学会の会員であることが必要です。

詳細は、資格認定委員会規約内規をご覧下さい。

資格の申請・登録までの流れ


1.資格認定委員会事務局へ提出する書類
  ■トレーナー認定申請書
  ■トレーナー認定推薦書(スーパーバイザー1名の自署・捺印があること)
  ■研修修了証明書(資格認定委員会の印が押されてあること)のコピー3枚以上
  ■認定申請料5000円 
     振込先 郵便振替 01720-3-49031
           加入者名 心理リハビリテイション資格認定委員会事務局
              (*学会事務局とは異なりますので、ご注意下さい!) 

2.申請された書類に基づいて資格認定委員会にて審査を行います。

3.申請が認められますと、申請者に通知されますので登録料5000円をお支払い下さい。
  合わせて、本学会の会員でない方は入会手続きを取っていただきます。

4.登録手続きが完了しますと、お手元に資格認定証をお送りいたします。

心理リハビリテイション・スーパーバイザー資格

スーパーバイザーは、心理リハビリテイションの普及・維持・向上における中心的役割を果たすものであり、スーパーバイザーおよびトレーナーの養成・指導、宿泊集団集中訓練の指導・企画・実施、資格認定候補者の委員会への推薦、トレーナー候補者の臨床研修の修了の証明をすることができます。

資格要件


臨床的資質については、大学又はそれに準ずる機関で臨床心理学、心理療法、動作理論、行動理論、発達心理学等に関する基礎知識を修得し、認定トレーナー資格取得後、委員会の定めた認定キャンプ10ポイント以上、または認定短期キャンプ(3泊4日以上)14ポイント以上を含む臨床研修を50ポイント以上満たす必要があります。また、特定の地域や特定の対象に偏った認定キャンプ、認定短期キャンプへの参加のみの場合は認められませんのでご注意下さい。
また研修ポイントの一部について、心理リハビリテイションの臨床に関する研究発表によって代えることが可能です。
加えてスーパーバイザーの申請に当たっては、スーパーバイザー3名以上の推薦が必要です。
なお、スーパーバイザー資格申請者は、日本リハビリテイション心理学会の会員であることが必要です。

詳細は、資格認定委員会規約内規をご覧下さい。

資格の申請・登録までの流れ


1.資格認定委員会事務局へ提出する書類
  ■スーパーバイザー認定申請書
  ■スーパーバイザー認定推薦書(スーパーバイザー3名の自署・捺印があること)
  ■研修修了証明書(資格認定委員会の印が押されてあること)のコピー5枚以上
     *トレーナー資格取得後の研修であること
  ■認定申請料5000円 
     振込先 郵便振替 01720-3-49031
           加入者名 心理リハビリテイション資格認定委員会事務局
              (*学会事務局とは異なりますので、ご注意下さい!)

2.申請された書類に基づいて資格認定委員会にて審査を行います。

3.申請が認められますと、申請者に通知されますので登録料15000円をお支払い下さい。
  合わせて、本学会の会員でない方は入会手続きを取っていただきます。

4.登録手続きが完了しますと、お手元に資格認定証をお送りいたします。

キャンプ申請

各地域で行われる心理リハビリテイションキャンプは、当学会の資格認定委員会にて認定された場合、認定キャンプ・認定短期キャンプとして認められます。認定キャンプ・認定短期キャンプに参加したトレーナーやスーパーヴァイザーには、研修ポイントが付与されます。この研修ポイントが、トレーナーやスーパーヴァイザーの資格申請、スーパーヴァイザーの資格更新などで必要となります。
認定キャンプ・認定短期キャンプにおける研修ポイントは、以下の通りです。

5泊6日以上のキャンプ:10ポイント
4泊5日キャンプ:8ポイント
3泊4日キャンプ:7ポイント
2泊3日キャンプ:3ポイント

○申請料について

認定キャンプ・認定短期キャンプは、キャンプの期間により申請料が異なります。
申請料は以下の通りです。
・認定キャンプ(5泊6日以上):5000円
・認定短期キャンプ(2泊3日、3泊4日、4泊5日):3000円

※2つ以上の認定キャンプ・認定短期キャンプを同期間内に並行して実施する場合には、それぞれのキャンプに対して申請料が発生します。そのため、各キャンプ申請の合計の金額をお振込みください。

例1) 5泊6日のキャンプと3泊4日のキャンプを並行して行う場合
→ 認定キャンプ(5000円)+認定短期キャンプ(3000円)=8000円

例2) 3泊4日のキャンプと2泊3日のキャンプを並行して行う場合
   → 認定短期キャンプ(3000円)+認定短期キャンプ(3000円)=6000円

※2つ以上のキャンプの申請料については、まとめて振り込んでいただいて構いませんが、その内訳を必ずご記入ください。

○申請料の振込先について

 振込先 郵便振替 01720-3-49031
     加入者名 心理リハビリテイション資格認定委員会事務局


資格の申請先・申請書類

トレーナー資格、スーパーバイザー資格取得希望者は必要書類を揃え、以下の資格認定委員会事務局へ申請してください。

〒812-8581 福岡市東区箱崎6-19-1 
九州大学大学院人間環境学府附属総合臨床心理センター内

日本リハビリテイション心理学会資格認定委員会事務局

Tel:092-642-3158 Fax:092-642-3588

資格認定に関する規約など