2007年12月11日

2007年度総会報告


2007年11月30日に福島県郡山市ホテルハマツにて2007年度総会が行われました。
主な報告事項・決定事項は以下の通りです。
1.事業報告
2.2007年度役員選挙結果報告
3.細則の改定
  旧)第9条  本会にその事業遂行のため、次の常置委員会を置く。
       (1) 資格認定委員会
       (2) 編集委員会
       (3) 倫理委員会
       (4) 規則委員会
       (5) 学会賞委員会
       (6) 国際委員会
  新)第9条 本会にその事業遂行のため、次の常置委員会を置く。
       (1) 資格認定委員会
        (2) 編集委員会
       (3) 倫理・規則委員会
       (4) 教育・研修委員会
       (5) 広報委員会
       (6) 学会賞委員会
       (7) 国際委員会
4.2008年度事業計画
5.2006年度決算・2008年度予算の承認

2007年度学会賞・研究奨励賞


2007年度日本リハビリテイション心理学会賞及び研究奨励賞の受賞者は以下の通りに決定いたしました。2007年12月1日、心理リハビリテイション全国大会福島大会において授賞式が行われました。

学会賞受賞者
  針塚 進氏(九州大学)

研究奨励賞
  小澤 永治氏 
    「思春期における自体感とストレス反応の発達的変化:
            動作法によるリラクセイション課題の実践を通して」
            (リハビリテイション心理学研究33巻2号、pp.25-36)
  香野 毅・吉川 文氏
    「動作法における訓練効果の評価法に関する研究:
             日常生活を指標とした評価方法の作成から」
            (リハビリテイション心理学研究33巻1号、pp.3-16)

2007年11月8日

2007年福島大会研究発表プログラム

11月30日に行われます2007年日本リハビリテイション心理学会(福島大会)での研究発表プログラムを掲載いたします。
今回は合計16本の研究発表申込みがありました。

なお、発表論文集は会場受付にてお配りいたしますので、予め発表プログラムをお知りになりたい方は、以下のファイルをご覧下さい。。

 研究発表プログラム


2007年8月31日

2007年日本リハビリテイション心理学会福島大会のお知らせ

2007年度の日本リハビリテイション心理学会・心理リハビリテイションの会全国大会はは福島県郡山市ホテルハマツにて、11月30日~12月1日までの日程で行われます。
11月30日に予定されている学術大会についての参加・研究発表に関するご案内を8月25日付けで全会員に発送しております。お手もとに届いていない方は、以下のPDFファイルを参照してください。
多数の会員の皆様の参加、研究発表をお待ちしております。
なお、交通・宿泊案内等は9月上旬に発送予定の心理リハビリテイションの会全国大会第二次通信をお待ち下さい。

  参加・研究発表募集要項

  研究発表申込書

  発表論文集原稿の作成要項

  発表論文集原稿のテンプレート(WORD2002形式)

2007年8月31日

新役員について

過日行われました役員選挙によって、下記の方々が新役員に就任されました。なお、任期は2007年4月1日より2010年3月31日までとなっております。

理事長 成瀬 悟策 (九州大学名誉教授)
常任理事 大野 博之 (福岡女学院大学)
大神 英裕 (九州大学))
藤田 継道 (兵庫教育大学)
針塚  進 (九州大学)
丸山 千秋 (青山学院大学)
理事 荒  柾文 (福島県立郡山養護学校)
井村  修 (大阪大学)
清水 良三 (明治学院大学)
曻地 勝人 (中村学園大学)
谷  浩一 (京都市立北総合支援学校)
鶴  光代 (跡見学園女子大学)
遠矢 浩一 (九州大学)
中島 健一 (日本社会事業大学)
二宮  昭 (愛知淑徳大学)
干川  隆 (熊本大学)
星野 公夫 (順天堂大学名誉教授)
宮崎  昭 (山形大学)
宮田 敬一 (大阪大学)
安好 博光 (安好心理教育相談ビュロー)
監 事 緒方 登士雄 (東洋大学)
古賀 精治 (大分大学)